2011年 07月 28日 ( 1 )

北海道旅行記一日目その1

北の大地……はい、夏の北海道に行ってまいりました。
突然行きたくなって、ほとんど三日ぐらいで決断して、
チケットとって十日後くらいには当日という感じでした。

沖縄はすでに三回行ってますが、北海道は今回が初めて。
オリジナルプランをきっちり組んで、どこにどれくらい滞在するとか、
移動の電車の発車時間とか、そういうのまで調べて準備しました。
気楽な一人旅です。
気のおけない友人たちと盛り上がってディ○ニーへ行くのも大好きですが、
自分の行きたい場所、食べたいもの、好きな風景ばかりを集めた
わがままプランに忠実に、且つ気の向くまま変更も可能な、
そんな一人旅も好きなのです。

そしてこの旅のメインはなんといってもウニ! 
大好きなウニをどんぶりで、お寿司で、たっぷり食べる!
と意気込んで出発しました。6~8月が、ウニの旬だそうですよ。
朝早く自宅を出、中部国際空港を9:00に離陸。
10:40には北の大地に着陸しました。沖縄は着陸前に青やターコイズの海が
飛行機の窓から見下ろせますが、北海道は緑や黄緑のパッチワークですね。
朝が早かったので、空港を出るころにはお腹と背中がくっつきそうでした。
何か食べたいと思いましたが、ウニ丼が待っていると自身に言い聞かせて我慢。
d0070610_228563.jpg

いろいろな口コミなどをチェックし、お店を厳選。
そして選んだのが、札幌から地下鉄で移動、二十四軒駅で下車し
てくてく10分ほど歩いたところの場外市場のビル2階、「魚屋の台所」。
d0070610_22122689.jpg

大きな道からちょっとわき道に入ったところなのでわかりにくいのですが、
ここで食べた「うにいくら丼」は絶品でした!(イクラも好きなのです)
ムラサキウニばかりだと2500円、バフンウニばかりにすると3500円、
半々にすると3000円だよと女将さんに言われ、私は半々を注文。
だって、ウニの食べ比べ、ここまで来たらしたかったんですもの♪
「先にムラサキを食べてから、バフンウニを食べたほうがいいよ。
バフンウニのほうが濃厚だから」と女将さんにアドバイスをいただきました。
もう、ね。醤油をつけるのがもったいないくらいのウニの甘さ! 
(右)ムラサキウニはまろやかでふわっとしていて、優しい甘さ。
(左)バフンウニは本当に濃厚で、クリームか蜂蜜みたいで、からみつく甘さ。
でもどちらもしつこくなく、本当においしいのです! 
イクラも新鮮だからか一粒一粒がしっかりしていて、なまぐささなどなく、
さらさらととても美味しかったです。
店内は昭和レトロというか、昔の喫茶店風というか、テレビがあって漫画が
たくさんあって、こぢんまりしたテーブルと椅子があって……という感じ。
お洒落なお店ではありませんが、うにいくら丼の味は本当に素晴らしかったです。

お腹がいっぱいになった後は、場外市場をぶらぶらお散歩。
この後お茶に行く予定を組んでいたので、お腹をこなれさせないといけなかったのです。
d0070610_22301822.jpg

二十四軒駅から、地下鉄で宮の沢駅へ移動。風が強い日だったのですが、
なんかいい匂いがすると思ったら、車道の中央分離帯がラベンダーでびっくり!
素敵ですねえ♪ さすが北海道。
d0070610_2234585.jpg

宮の沢駅から結構歩きます。有名な「白い恋人パーク」の前を通り過ぎ(とても甘い
チョコレートの香りが漂っていました)、コンサドーレ札幌の練習場を通り過ぎ
(その前にある歩道橋の階段まで赤と黒のコンサドーレカラーでした!)、てくてく
高架下を抜けて少し行ったところに、ありました! 
d0070610_22382994.jpg

目的地です。
d0070610_22384843.jpg

くわしくは、旅行記その2に続きます^^
[PR]
by rurico_note | 2011-07-28 22:39 | その他写真